ふくつサンポ一覧へ

2018年02月09日(金)

四季を楽しむ!津屋崎干潟サンポ

津屋崎漁港から1.5キロほど内陸にある、津屋崎干潟は「福津三十六景」のひとつ。淡水のあまり流れこまない、全国的にも珍しい干潟です。

秋から春にかけて、絶滅危惧種の渡り鳥・クロツラヘラサギが津屋崎干潟に滞在します。
潮が引いて干潟が現れると、クロツラヘラサギのえさを取る姿や、尾をふりながら歩くカモのかわいらしい姿を見ることができます。

自然豊かな津屋崎干潟周辺へ、自転車で出かけるのもおすすめです。
夏には、地域の人々が植樹し育てたハマボウが昼前に淡黄色の花を咲かせ、秋にはハママツナが見事に紅葉します。
津屋崎干潟からほど近い、塩浜には『塩倉庫(旧大蔵省塩務局の文書庫)』など塩田にゆかりのある史跡が残り、干潟と塩田の関わりを伝えます。

最近、塩浜にオープンした『アプテカ フレーゴ』は、福津・宗像産の野菜を使ったイタリアンとピザが味わえるお店。バウムクーヘンや焼き菓子が人気の『アラペイザンヌ』では「あまおうバウムクーヘン」を限定販売しています。

季節ごとに違った風景が楽しめる、干潟まわりの自然、津屋崎塩田の遺産、塩浜のおいしいものを味わいに、寒さが緩んだころ津屋崎干潟周辺を訪れてみませんか?

image

干潟に潮が満ちると、クロツラヘラサギは干潟近くの田んぼや水路へ。気配や音に敏感です。

image

海水をきれいにする小さなアサリを「潮干狩り」で獲らないこと。それだけで干潟の保全につながります。

image

県道502号線沿いにある『塩倉庫』は「熊本塩務局津屋崎出張所の文書庫」とも呼ばれます。


投稿者: 本村真弓

みんなのコメント

お気軽にコメントをどうぞ♪[必須入力 300文字以内でお願いします。]



お名前 [必須入力 30文字以内でお願いします。]


  
※ブログの管理者が承認したコメントのみ表示されます。
プロフィール

ふくつサンポ

ふくつサンポでは、ウォーキング・ドライブ・サイクリングの移動手段で、季節に合ったおすすめのコースを、マップ付きでご紹介します!
普段何気なく通っている道でも、のんびり散歩をしてみると新たな発見が・・・
天気の良い日にはとってもおすすめですよ〜♪

バックナンバー


ウォーキング
サイクリング ドライブ


検索

クリア