2018年のくらしのオススメ

2018年11月22日(木)

JR福間駅から津屋崎千軒・宮地嶽神社へのアクセス

JR博多駅から快速で約25分。
JR福間駅から津屋崎千軒や宮地嶽神社への、バスでのアクセスをご案内します。
※下記関連ファイルをご確認ください。


2018年11月21日(水)

「津屋崎千軒かき巡り」 参加店舗 その1

【平成30年12月1日(土)~平成31年1月中旬(かきの水揚げ終了まで)】

福岡の冬の風物詩として定着した「かき」。福津市でも牡蠣の養殖が始まり、津屋崎がかつて筑前有数の浦として栄え「津屋崎千軒」と呼ばれた歴史にちなみ、「津屋崎千軒かき」と名付けられました。

津屋崎千軒かき巡りでは、市内の11の協賛店舗が焼きかきやパスタ、つけ麺やお好み焼きなどさまざまなジャンルのかき料理を提供します。

※水揚げ状況による欠品や売り切れで、かき料理を提供できない場合があります。予約が不要のお店にも事前のご確認・ご予約をおすすめします。


2018年11月21日(水)

「津屋崎千軒かき巡り」 参加店舗 その2

【平成30年12月1日(土)~平成31年1月中旬(かきの水揚げ終了まで)】

福岡の冬の風物詩として定着した「かき」。福津市でも牡蠣の養殖が始まり、津屋崎がかつて筑前有数の浦として栄え「津屋崎千軒」と呼ばれた歴史にちなみ、「津屋崎千軒かき」と名付けられました。

津屋崎千軒かき巡りでは、市内の11の協賛店舗が焼きかきやパスタ、つけ麺やお好み焼きなどさまざまなジャンルのかき料理を提供します。

※水揚げ状況による欠品や売り切れで、かき料理を提供できない場合があります。予約が不要のお店にも事前のご確認・ご予約をおすすめします。


2018年11月19日(月)

今年も開催!津屋崎千軒かき巡り

【平成30年12月1日(土)~平成31年1月中旬(かきの水揚げ終了まで)】

福岡の冬の風物詩として定着した「かき」。福津市でも牡蠣の養殖が始まり、津屋崎がかつて筑前有数の浦として栄え「津屋崎千軒」と呼ばれた歴史にちなみ、「津屋崎千軒かき」と名付けられました。

津屋崎千軒かき巡りでは、市内の11の協賛店舗が焼きかきやパスタ、つけ麺やお好み焼きなどさまざまなジャンルのかき料理を提供します。
協賛店舗とメニューの詳細は、別添のチラシでご確認ください。

※水揚げ状況による欠品や売り切れで、かき料理を提供できない場合があります。予約が不要のお店にも事前のご確認・ご予約をおすすめします。


2018年09月11日(火)

福津市PR動画「フクツノオトコ」

福津市の観光PR動画を制作しました

架空の新番組「フクツノオトコ」は、
福津市の名所やスポットを舞台に熱い戦いを繰り広げる
主人公・福津元気にクスっと笑いながら、
福津市の魅力を新発見・再発見することができる内容となっています。

YouTubeで、9月7日(金)から「福岡県福津チャンネル」で公開が始まり、
毎週金曜日に1話ずつ、全7話アップされます。

ぜひご覧ください!


2018年07月10日(火)

こんなお店があるんです♪ in 津屋崎千軒 2018

昔ながらの雰囲気が漂う、津屋崎千軒。

ここには、市外から移り住み「自然に囲まれ、のびのびと子どもを育てられる環境で仕事をしたかった」という人、
長い間地域を愛し「壊されそうだった古民家をなんとか守りたかった。細々でもいいからやっていきたい」と話す人、
古民家独特の包容力に惹かれ、地域とまちなみを保存しようと努める人など、色々な形で働く人々がいます。
 

この地域の最大の特性は「人と人との繋がりの深さ」。
いまの世の中には敬遠されがちですが、ここに暮らす人々は「みんな優しくてあたたかい」と口をそろえます。
 
散策しながら、のんびりとしたまちの中にある「温もり」を少しでも感じていただけると幸いです。


くらしのオススメ2018

バックナンバー

 の特集