福津の極み [食品]
<取材日:2010/06/08>

宮地嶽の松ヶ枝餅 - 白餅、よもぎ餅
(みやじだけのまつがえもち - しろもち、よもぎもち)

宮地嶽神社門前町で一番人気のお土産

津屋崎人形


宮地嶽神社神紋
「三階松」がブランドマーク
image

宮地嶽神社の神紋「三階松」の焼印

宮地嶽神社の門前町を歩くと、甘く香ばしい香りが漂ってきます。中は柔らかく、表面はパリッと焼けた小豆餡の入った「宮地嶽の松ヶ枝餅」が焼ける香りです。
宮地嶽の松ヶ枝餅は宮地嶽神社門前町で一番人気のお土産品で、表面に宮地嶽神社の神紋である「三階松」の焼印が付いています。この度、定番の「白餅」と生地によもぎを練りこんだ「よもぎ餅」が福津の極みに認定されました。


9つの伝統の味が伝わる
image

こだわりを語る委員長の阿部さん

2宮地嶽の松ヶ枝餅は、宮地嶽の松ヶ枝餅商標登録委員会(以下、委員会)のメンバーである宮地嶽神社門前町に並ぶ9軒の店で作られています。
それぞれの店で伝統の味が引き継がれていて、好みの味の店で餅を買うことを決めているお客様も多いのだそうです。
「特に小豆餡やよもぎにこだわりを持って作っている店が多いのですよ」と委員会委員長である「さかきや」店主の阿部澄男さんは話します。


いつまでも愛される餅であり続けたい
image

美味しい味を守り続ける 阿部さん夫婦

宮地嶽の松ヶ枝餅が一番売れるのは、初詣の時期。また朔(ついたち)参りなど毎月参拝帰りに、買いに来られる常連のお客様も多いのだそうです。
「ここの餅が一番好き。パリッとした焼きたての味がたまりません」と北九州市から来られた常連のお客様は話します。
「いつまでもお客様に愛していただけるよう、美味しい餅を焼き続けています。焼きたてを食べに門前町へお越しください」と阿部さんは話してくれました。



インフォメーション
宮地嶽の松ヶ枝餅商標登録管理委員会
委員長さかきや 阿部澄男
住所〒811-3224 福津市宮司元町1-6
TEL0940-52-0204
時間それぞれのお店で異なります
定休日それぞれのお店で異なります
商品価格120円/個
販売場所宮地嶽神社門前町
(宮地嶽の松ヶ枝餅商標登録委員会:泉屋、大阪屋、開運堂、小松屋、さかきや、島屋、人形屋、宮地館、森永屋)
アクセス
電車
JR福間駅下車、タクシーで5分
バス
JR福間駅から西鉄バス「宮地岳宮前」バス停から徒歩すぐ
県道97号太郎丸交差点を県道502号線・津屋崎方面へ
宮地嶽神社前交差点すぐ
駐車場 有