福津の極み [食品]
<取材日:2012/03/08>

あんずジャム
(あんずジャム)

福津産のオレンジの宝石から生まれた美味しいジャム

あんずジャム


アンズの実は、2,500本のアンズの木からの贈り物です
image

6月にオレンジの実をみのらせます

ジャムの作り手、あんずの里市利用組合がある「あんずの里運動公園」。公園のオープン当初から、斜面一面にアンズの木が植えられています。大切に育てられたアンズは、現在2,500本。可憐なピンクの花を咲かせる3月中旬は多くの人で賑わいます。そして6月、ピンポン玉よりちょっぴり大きなオレンジの実を実らせます。「地元の子どもたちをはじめ、たくさんの人が花や実を楽しみにしてくれているので、木の育成もやりがいがあります」と公園管理をする、ふくつパークスグループの花田特男さんは話します。


安心安全な地元産の加工品づくりにこだわっています
image

ジャムを手づくりしている山の会のみなさん

あんずの里市利用組合のお母さんたちで組織する「山の会」が、あんずの里運動公園産のあんずの実に砂糖を加えて、手間隙かけてじっくり煮込んで作り上げている、ちょっと甘めの手作りジャム。「添加物や防腐剤を一切加えず、地元の食材を生かした安心安全な商品づくりをしていることが私たちのこだわりです」と話す、山の会代表の花田鶴子さん。手土産に最適なので、季節を問わず、多くの方が買い求めてくださるそうです。


幅広く楽しめる アンズジャム
image

ヨーグルトにかけてみました

パンやクラッカーにつけたり、ヨーグルトにかけたりと、ジャムそのままの味で楽しむ方が多いそうです。そして、作り手である花田鶴子さんのおすすめは、ジャム、酢、薄口しょうゆを同量に準備し、ミキサーでしっかり混ぜたドレッシングなのだとか。「ちょっと甘めなジャムなので、大人の方にはドレッシングとして楽しんでもらってもいいと思います」と花田鶴子さんは話します。皆さんも、手作りドレッシングを是非お試しあれ♪


インフォメーション
あんずの里市利用組合
住所〒811-3521 福津市勝浦1667-1
TEL0940-52-5995
時間8時30分から17時
定休日第2木曜日、盆、年末年始
商品価格価格:380円
内容量:160g
保存方法:常温(開封後は冷蔵)
消費期限:製造日より半年
原材料:アンズ、砂糖
HPアドレスhttp://anzu-sato.jp/
アクセス
電車
JR福間駅下車、タクシーで約20分
バス
JR福間駅から西鉄バス⇒勝浦局前バス停下車徒歩15分
JR福間駅から西鉄バス⇒宮地嶽神社前バス停下車⇒ふくつミニバス勝浦線に乗換え⇒あんずの里バス停下車(日・祝日運休)
JR福間駅からふくつミニバス⇒宮地岳宮前バス停下車⇒ふくつミニバス勝浦線に乗換え⇒あんずの里バス停下車(日・祝日運休)
国道495号沿線
駐車場 105台(無料・一部大型可)
関連ページ