福津の極み [食品]
<取材日:2018/11/12>

あちゃら漬
(あちゃらづけ)

福岡の郷土料理「あちゃら漬」

福岡の郷土料理「あちゃら漬」


お盆のおもてなし料理を『あんずの里市』から
image

2018年にリニューアル

「あちゃら漬」は、お盆に家を訪ねてきたお客さんをもてなすための郷土料理。
“あちゃら”という名前は、ポルトガル語で“漬ける”を意味する「アチャール」が語源だと言われています。
何の食材を使うかは家庭や地域によって違い、『あんずの里市』の「あちゃら漬」には、シャキシャキとした食感の、福津の水田で育ったミズイモが入っています。


福津産の夏野菜ひとつひとつに味つけ

福津市の津屋崎地区で採れた、ナスやウリ、ミズイモといった夏野菜を薄切りにし、
種類ごとに昆布やシイタケでとった“だし汁”で煮てから甘酢に漬けこみました。
見た目は素朴な「あちゃら漬」ですが、食材それぞれの美味しさを引き出すために手間暇かけて下ごしらえをしています。
家庭になじみ深い野菜を使いながらも、丁寧に作った“おもてなし”のための郷土料理です。


甘酸っぱさと懐かしさが広がる家庭の味

お酒のつまみとして食べられてきた「あちゃら漬」。
さっぱりとした甘酸っぱさのあと、ほのかに辛味が広がり、食欲が落ちているときでも箸がすすみます。
暑い夏場も常温で保存でき、酸味があるので塩分はひかえめ。体に優しくて、どこか懐かしい手作りの味わいです。


インフォメーション
あんずの里市利用組合
住所〒811-3521 福津市勝浦1667-1
TEL0940-52-5995
時間8時30分から17時
閉館日第2木曜日
商品価格200円(7~9月の限定販売)
アクセス
電車
JR鹿児島本線「福間駅」下車 タクシーで約20分
バス
JR福間駅(みやじ口)より、西鉄バス勝浦線に乗車 「勝浦局前」下車 徒歩15分
JR福間駅(みやじ口)より、ふくつミニバス勝浦線に乗車 「あんずの里」下車すぐ
※日祝・12月31日~1月4日運休
国道495号沿線
駐車場 105台(無料・一部大型可・急速充電器1台有)
関連ページ