ふくつなぎ 292

2015年06月16日(火)

18人目  「空気を写すひと」野田壮平さん

2012年から2年ほど「ふくつのじかん」の更新をしてきた野田壮平さん。
福津市を中心にカメラマンとして活躍しています。彼の撮る写真はそこに写った時間の空気が一緒に伝わってくる、不思議な魅力があります。
野田さんが更新してきた記事には、ある日の福津の風景、季節を感じられる瞬間、ばったり出会った生き物や植物、独自のユニークな視点で写された様々な時間が綴られています。
「文章じゃなくて、写真を見ることで、より伝わるのがおもしろいと思って」
文章では伝えられない様子を写真で伝えるということを大切にして撮られているから伝わるその時の空気感。野田さんの写真が飾らなくて、あたたかい気持ちになるのは、格好つけず、ありのままの瞬間を写しているから、感じられるものなのだと思いました。
ふくつのじかんに掲載したものの中で、お気に入りの記事や写真はありますかと聞くと、一つの記事と写真とこんな答えが。
「正直に言うと、選べません。見てくれた人が好きとか良いと言ってくれるものを僕も好きになりたいかも」
今後もふくつのじかんでは、人やもの、風景などふくつに流れる穏やかな時間が伝わるような情報をお届けしていきたいと思います。

image

野田さんの本棚。写真やデザインに関する本がたくさん並んでいます。お気に入りの絵本や、暮らしの手帖も。

image

写真集は好きな写真家の人のもの、開いてみて気に入ったもの、手元に残しておきたいものを選んでいるそう。

image

木彫りのワニさん。津屋崎の日替りcafe古小路“FourstringsCafe”で出会ったそう。

image

友人の結婚式でカメラマンをしていた野田さん。一瞬一瞬の表情を逃さずに撮ってくれます。

image

今年の福津暮らしの旅のリーフレットの表紙も野田さんの写真。

image

Q.福津の好きな景色は?A.藍の家に人が集まっている様子

image

お気に入りの記事 ふくつレンズ「餅つきで育つ」 2013/12/27掲載

image

お気に入りの写真 ふくつレンズ「海のまちでも酪農」 2014/4/7掲載