ふくつなぎ 292

2014年09月17日(水)

15人目  革製品専門店「cokeco」 田中立樹さん・知絵さん

津屋崎千軒の北側にある革製品専門店「cokeco」を営む田中さん夫婦。
東日本大震災をきっかけに東京から福津市に移住してきました。
「津屋崎の人々の温かさ、美しい夕陽が好きだ」という立樹さん。休日は、子どもと一緒に磯遊びするのが大好きだそうです。海の生物に詳しく、革で作られた小物はまさに本物そのもの。今にも動き出しそうな革のカブトガニにも出会えました♪
「知らない土地で頼る人もあまりいなかったので、ご近所や地域の人たちが優しく迎え入れてくれたことがとてもありがたかった。良いお付き合いをさせてもらっています。」という知絵さん。津屋崎の地域性・温かさを実感し、魅力的なまちづくりに協力したいとお話しをいただきました。
現在の商品販売はネット注文が主ということですが、店舗が10月5日にオープンする予定です。日々の暮らしを豊かにする、上質な日用品を求めて足を運んでみませんか?
Q1.福津の秋といえば?
Q2.教えたい!福津viewはどこ?
Q3.好きな福津食は?
Q4.おすすめの福津の過ごし方は?
Q5.福津ってどんなところ?
Q6.最後に一言お願いします!

image

A1.音楽散歩と手づくり市です。「cokeco」は手づくり市に参加します!!

image

A2.恋の浦海岸・白石浜海岸です。ウミガメも訪れるというきれいな海岸です。

image

A3.春夏冬本舗のキャベツ団子です。ところてんや地魚(ウマヅラハギやイサキ)も美味です。

image

A4.海辺で磯遊びをしてから、お弁当を食べることです。子どもは生物博士なんです♪

image

A5.たくさん住宅があるけれど、自然が残され程よい田舎です。おもしろい人がたくさんいます。

image

A6.自然の美しさや地域の温かさのある魅力的なまちでいられるよう少しでもお手伝いできればと思います