ふくつなぎ 292

2013年12月16日(月)

10人目  「運動会でのエピソード」 横山誠さん

前回の高島亮一さんからご紹介頂いたのは、横山誠さん。二人は「公益社団法人 宗像青年会議所(宗像JC)」のメンバーです。宗像市、福津市とその近隣に住む20〜40代、いわゆる責任世代と呼ばれる人で構成された宗像JCは、「まち」と「ひと」の為に活動することを目的とし、「個人の修練」「社会への奉仕」「世界との友情」という三つの信条を掲げ活動しています。


横山さん自身は、市外や山間の地域の人から海や魚を羨ましがられることが多いそうで、「こんなに良い場所はない。」と言います。津屋崎古墳群を含む「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を生かした地域づくりが必要で、その為には宗像市と福津市のこれまで以上の連携が不可欠だと、強く語ります。行政として個人として、行動し何かを動かしていくことは難しいものです。


あるエピソードを話してくださいました。子どもの運動会の場で、他所から移住してきた家族とのちょっとしたやり取りから交流が始まり、それは身近な人たちを巻き込むまでに広がって、その関係は今も続いている、と。小さな事から大きな流れが生まれる。そのきっかけの多くは他所からきた人が与えてくれる気がします。

image

横山誠さん。分厚い手を持ついっぽうで、笑顔が素敵です。

image

仕事場には多種多様な道具が置かれていました。プロフェッショナルな仕事人を感じさせます。

image

「Sea Side Garage」福津市西福間4-6-15 TEL=0940-38-6061