2012年03月30日(金)

樹脂粘土で創る「四季の花」作品展

3月15日(木)〜26日(月)まで津屋崎千軒なごみで行われていた『樹脂粘土で創る「四季の花」作品展』へ行ってきました。
道野辺に可憐に咲く野の花をはじめ、美しい花々への想いを樹脂粘土で生き生きと表現し創り上げているそうです。
秋と春で展示場所が2か所に分けられており、どの作品も樹脂粘土には見えず、本物のお花のようでした!教室の生徒さんたちも皆さん最初は本物のお花だと勘違いしたところから興味を持ち始め、習うようになったそうです♪
津屋崎での活動も15年目に入り、宮司公民館で毎週楽しく創作されているそうですよ。
福津市民文化祭などでも展示されているそうなので、興味のある方は是非行かれてみて下さいね。

主催:川床 富美子さん
お問い合わせ:津屋崎千軒なごみ TEL0940-51-2122

image

菜の花やふきのとう、白つめ草、すみれなど全て樹脂粘土で作られています。

image

展示会の様子

image

フルーツもありましたよ!可愛いですね♪


投稿者: ふくつのじかん運営スタッフ

みんなのコメント

お気軽にコメントをどうぞ♪[必須入力 300文字以内でお願いします。]



お名前 [必須入力 30文字以内でお願いします。]


  
※ブログの管理者が承認したコメントのみ表示されます。
プロフィール

Staff Blog

ふくつのじかん運営スタッフによる、福津の日々をお届けするブログです。

バックナンバー